弁護士相談のメリット

売掛金について弁護士へ相談し、回収の為に動いてもらう事にどんなメリットがあるのでしょうか。考えてみましょう。

まずは、法的手段が取れるという事が大きいでしょう。訴訟等に発展する可能性がある場合、弁護士が必要です。様々な手段で売掛金回収にあたっても無理な場合はこうした手段を取るのですが、法律に関しては弁護士抜きでは無理です。弁護士に相談することによって、早めに法的手段が取れれば、解決も早まるでしょう。また、売掛金に関してのことを弁護士にまかせられるので、本来の仕事の業務に集中できるといったことも大きなメリットです。売掛金回収だけが会社の仕事ではありませんから、こういったメリットは当然でしょう。そして、代理人になってもらえるという事もメリットです。特に中小企業で近所の会社との売掛金トラブルですと、直接に関わりたくないものですから、弁護士に中に入ってもらえると助かります。また、売掛金においては時効がありますので、そういった注意点も弁護士がいれば見逃さないと言うのもメリットでしょう。つまり、法律にのっとった正しい売掛金回収ができるということです。

弁護士活用で売掛金の問題解決に尽力し、早めの解決を目指しましょう。法律の力はこういう時の借りるのが良いでしょう。その際の大きな味方が弁護士なのです。

弁護士に相談

売掛金回収に困るようでしたら、弁護士に相談して見ましょう。

まずは会社で一連の流れを試みてダメだった場合、弁護士に相談して訴訟を考えると言ったことでもよいでしょうし、売掛金発生の時から弁護士に相談すると言うのも良い方法でしょう。その際、懇意にしている弁護士がいれば、その人に相談すれば安心でしょうが、そういった知り合いがいないと言う場合は、インターネットで検索したり、経験者に聞いて紹介してもらったりと様々な方法で探しましょう。相性もあるでしょうから、ご自身と合う人がいいでしょう。とは言いましても、ネットのみでは信用できないと言う場合もありますから、電話を掛けて直接お話ししてみましょう。その際に、困った売掛金の相談もできると良いでしょう。または無料相談ありの場合もありますから、そういった特典も活用しましょう。

相談の際はポイントをメモして聞き忘れのないようにしましょう。こういったことはささやかですが、大事です。また、このような相談をすることによって人生における良い勉強になるのは言うまでもないことです。訴訟等に発展してないまでも、訴訟というのはどういうものかについては勉強しておくと良いでしょう。弁護士の話がすっきりと頭に入るでしょう。何事も勉強が大事です。

売掛金回収の苦労

どんな仕事にも苦労は付きものですが、売掛金回収ともなると大変です。特に相手が知り合いと言った場合が心理的にもプレッシャーになるでしょう。地域の中小企業では、こういったことがありがちと言えます。

誰にでもうっかりしてしまったということはあるでしょうから、売掛金発生の場合、まずは電話を掛けたり、請求書を送ったり、メールを送ったりというやんわりとした対応で良いでしょう。うっかりであれば、ここで払ってくれます。しかし、それも無視となると内容証明郵便を利用しての督促状です。これも無視となると悪質を疑ってしまうでしょう。大抵は、ここまでになると、あせって払ってくれるのです。何しろ、内容証明郵便というものは郵便局の証明がありますから、相手にとってかなり重い処置になるはずです。それでも、逃げようと言いうのは何か特別な事情(会社が危ない等)ゆえに払えないのかもしれませんが、こちらもそう待っていられないという事になりますから、弁護士を介しての訴訟となってしまいます。

ポイントとして整理しますと電話等のやんわり対応、内容証明、弁護士に相談、訴訟となるでしょうが、最初から弁護士に相談という手もあります。そうなると、回収側としては少々気が楽になるでしょう。

売掛金回収

売掛金(うりかけきん)とは未収金のことを指します。つまり、こちらが売った商品等の代金を相手が払っていないということです。ツケという言葉にも言い換えると分かりやすいでしょう。会社どうしの取引などに生じるこの売掛金は回収しなければなりません。物を買ったら、お金を払うのは当たり前のことです。それをいつまでも、後伸ばしにするのは良くないことでしょう。このくらいは子供にもわかる常識です。

しかし、売掛金回収ともなるとなかなか大変ですから、そうならないようにまずは商品を売る段階で相手にいつまでに代金を支払ってほしいという旨は伝えておくべきでしょう。これは遅滞を防ぐため、言い換えれば、売掛金をつくらないためのポイントです。とはいいましても、そううまく事が運ばないと言う場合もあるでしょう。そうなった時の回収のポイントを整理してみましょう。こういった問題は早めに解決したいものでしょう。どうしたら良いか、ポイントを掴みながら考えましょう。

売掛金回収に関しては中小企業等の場合、信用第一ですし、古くからのお付き合いもあるでしょうから、できれば待ちたいものでしょう。しかし。そうもいっていられない現実があるのも事実です。まずは電話や手紙、メール、訪問でのお知らせです。うっかりであればここで払ってくれます。それでもだめならば、督促状です。内容証明郵便を利用すると相手の気持ちもあせるでしょうから、払う場合があります。それもだめならば、弁護士に相談して法的処置となるでしょう。相手が知り合いであれば、避けたいものです。当サイトはこうした回収の苦労、弁護士相談について、弁護士相談のメリットについてお伝え致します。