売掛金回収の苦労

どんな仕事にも苦労は付きものですが、売掛金回収ともなると大変です。特に相手が知り合いと言った場合が心理的にもプレッシャーになるでしょう。地域の中小企業では、こういったことがありがちと言えます。

誰にでもうっかりしてしまったということはあるでしょうから、売掛金発生の場合、まずは電話を掛けたり、請求書を送ったり、メールを送ったりというやんわりとした対応で良いでしょう。うっかりであれば、ここで払ってくれます。しかし、それも無視となると内容証明郵便を利用しての督促状です。これも無視となると悪質を疑ってしまうでしょう。大抵は、ここまでになると、あせって払ってくれるのです。何しろ、内容証明郵便というものは郵便局の証明がありますから、相手にとってかなり重い処置になるはずです。それでも、逃げようと言いうのは何か特別な事情(会社が危ない等)ゆえに払えないのかもしれませんが、こちらもそう待っていられないという事になりますから、弁護士を介しての訴訟となってしまいます。

ポイントとして整理しますと電話等のやんわり対応、内容証明、弁護士に相談、訴訟となるでしょうが、最初から弁護士に相談という手もあります。そうなると、回収側としては少々気が楽になるでしょう。